2017年4月11日火曜日

[PPTP]Puredata with Pi The Pedal Mk IIの作成開始

唐突ですがPuredata with Pi The Pedal Mk IIの作成開始しました。



まず始めに現在?のMk Iの構成は以下の通り。
Raspberry 3にGUIもPuredataの音声処理もやらせています。
【メリット】
PuredataパッチがWindows PCで作成したものをそのまま走らせるので
パッチ入れ替えなどメンテナンス・運用が容易

【デメリット】
X Window含めたGUIの処理も音声処理もRaspberry Pi3単独でやるので
レイテンシーが発生。


さて、Mk Iの物理構成でGUI有りと無しでパルス撃つ簡易試験を実施しました。
いつものこのパッチでサイン波を送り込みます。

結果はこちら。(GUIありは前回の結果そのまま転載しています。)
設定
Samplerate:44100
Block Size:64
Delay:11ms

レイテンシー:22ms

検証ではX起動状態でPuredataを使うとレイテンシが増加するので
次はX Windowは切って、コンソールでpd -nogui test.pdで同様の実験をします。

設定
Samplerate:44100
Block Size:64
Delay:6ms
レイテンシー:15ms

ちょっと縮まりました。
これ以上はUSBオーディオの性能と思われます。


さて、話は戻りましてMk IIですが、
相変わらずGUI操作の利便性は捨てきれなかったので
以下の図の構成を現在作成中です。
我が家で余っているRaspberry Pi 1をGUI処理・タッチパネル操作のみの仕事をさせ、
LANケーブルで繋いだRaspberry Pi 3はNO-GUIで音声処理をさせます。
まだ音出しできる状態ではありませんが、
Pi1からPi3へのnetsendとnetreceiveは成功しました。
Pi1のCPU負荷が100%に跳ね上がりますが、
GUIの動作やOSCもサクサク動いているようです。

ちなみにこのやり方、
optimize — Pd Community Site - Pure Data
The poor man's multithreading!
のあたりにOSC使っちゃえよ!とあります。


まだたくさんやらないといけない事がありますが、
まだRaspberry Piでは見かけない構成なので引き続き細々とやりたいと思います。

[以下、やりたいこと備忘録]
・イーサネットコンバータ化(現状LAN繋ぐと外部のWindowsPCからsshできない)
--->使うWiーFiアダプタでうまくブリッジ化できないかもしれない。
raspberry pi3側をGUI(イーサネットコンバータ化)にしてraspberry pi2側をCUIにしたほうがいいかも。


・Raspberry Pi3側のreal-timeカーネル導入(1回失敗したが再チャレンジしたい)
--->余り効果なし。場合によっては不安定になる。


・ケース作り(Mk Iのケースでは既に収まらない!サイズほぼ倍になるかな?)
--->Arduino Megaのコンパチでスイッチやロータリーエンコーダーをなんとか使えるようになりました。


・USBオーディオI/O探し(予算と候補があれば。こっちの記事ではトラブってますがzoomのU-44をLinux mintで運用している模様)
ーーー>U-44でもUSBオーディオとALSAではレイテンシーに限界があります。
そこで、紹介してもらいましたWM8731のサウンドカードを使います。
レイテンシーは速く良好です。しかしraspberry piから電源を取るとノイズを拾う模様。
そこでサウンドカードの電源3.3Vを個別に用意したのですが、何故かサウンドカードを認識しません。う~ん。。

0 件のコメント:

コメントを投稿

[PPTP]バッファの電源ノイズ削減のテスト

一回、回路の全体図をまとめたほうがいいような気がしてますが、 (実はブツッブツッと鳴る明らかに使用に堪えないマズいノイズが乗った際に、 各箇所のGNDを、 電源の最上段のGNDにまとめて繋いでいる のです。。) こちら の冒頭にてRaspberry Piのノイズ削減テス...