2017年1月23日月曜日

[Puredata]目次[Contents]

この項目ではPuredata with Pi The Pedal(PPTP)の心臓部でもある
DTM用ビジュアルプログラミング言語Puredataについて取り上げます。
※ArduinoとPuredataを併用したPduinoについてもこちらで取り上げます。

※できるだけPuredata Vanillaで書きます。Pd-Extendedは更新が久しく止まっているので使いません

【エフェクター関連(パッチ配布含む)】
[Fuzz,Distortion,OverDrive]

1-1)[Puredata]一番シンプルなFuzz
1-2)[Puredata]対称クリッピングの実験
1-3)[Puredata]非対称クリッピングの実験
2-1)[Puredata]tanh~ & atan~ のクリッピング1
2-2)[Puredata]tanh~ & atan~ のクリッピング2[expr~必須]

[Puredata]EasyBooster

[Puredata]Fuzz Faceクローン 1
[Puredata]Fuzz Faceクローン 2[Traditional Fuzz]

[Puredata]Tube Scuttle[Overdrive]

[Piuredata]Distortus One[Distortion]

[Puredata]Champman Preamp

[Puredata]UKM450 Preamp
[Puredata]UKM800 Preamp

[Puredata]1390 Preamp

[Puredata]V8custom Preamp
[Puredata]V8proto Preamp

[Puredata]TriBass Preamp


[フィルタ・トーンスタック]
1)[Puredata]アナログ回路のフィルタについて[初心者向け]

[Puredata]CabinetEQ & Air(現行)
[Puredata]Cabinet EQ(旧バージョン)
[Puredata]Cabinet EQ vBeta


[モジュレーション]
[Puredata]フランジャーの改造[Flanger]

[Puredata]N_Phaser[Notch使用]

[ゲート]
[Puredata]Noise Gate


[未分類patch]
[Puredata]Adjust adc~[入力レベル微調整]



【Pduino関連】
[セットアップ]
1)[Puredata]ArduinoとPduino その1
2)[Puredata]ArduinoとPduino その2

[LED点灯・スイッチの切り替え]
1)[Pduino]Lチカと応用(エフェクトOnOffのLED点灯)
2)[Pduino]物理スイッチでのエフェクトOnOff
3)[Pduino]エフェクトOnOffを物理スイッチで制御&LEDの点灯・消灯
4)[Pduino]タップテンポとテンポに合わせてLED点滅




[Tips]
[Puredata]untilを使わずカウントアップする

[Puredata]bad vector sizeについて[音が出ない]

[Puredata]vanillaで頑張ってbiquad~を使うヒント

[Puredata]vanillaでspigot~を再現する

[Puredata]スライダーのliner増減をlog増減へ変換する[Pduinoでも可]


0 件のコメント:

コメントを投稿

[Pduino]タップテンポとテンポに合わせてLED点滅

[Pduino]エフェクトOnOffを物理スイッチで制御&LEDの点灯・消灯 こちらの記事で紹介した、 上記の物理的な回路ですが、 少し工夫を加えれば、 モーメンタリースイッチのタップでテンポ計測し、 テンポに合わせてLEDを点滅させることができます。 ...